タイトル画像

愛知県名古屋市 納屋橋で月一回第4金曜日に開催するナイトマーケット『なやばし夜イチ』の公式ブログです!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【なやばし日本酒祭】参加酒造ご紹介

さぁー、お待ちかね!!

今回の日本酒祭に参加される酒蔵さんをご紹介。



金虎酒造/名古屋市北区

金虎酒造は弘化2年(1854)より、名古屋市北区にて地元に根差した酒造りをしております。
「名古屋城本丸御殿」は県産米、夢山水を使った香り高く呑み口のなめらかなお酒です。
「金虎本醸造」はスッキリ辛口の中に程良い甘さがあり、熟成した味が熱燗に最適です。


東春酒造/名古屋市守山区

『東龍』蔵元東春酒造株式会社は、
江戸末期・元治2年(1865年)当時、名古屋城の櫓の材木を譲受け、
創業者佐藤東兵衛が当地(善光寺街道筋)に蔵式水屋の酒蔵を建造、
屋号を龍田屋とし、酒造りを始める。
酒造りは、自家精米した米を使い手作りで、昔ながらの山廃酒母の純米酒を始め、
特定名称酒のみを醸造する。


澤田酒造/愛知県常滑市

白老は、知多半島常滑市で160年以上続く手作りの日本酒の蔵元です。
小さいながらも個性あふれるお酒を醸しています!
今回は「蔵人だけしか飲めぬ酒」と言う搾ったまんまの無ろ過生原酒を
地元のおつまみと共にご提供します。
今しか飲めないフレッシュな新酒ならではのおいしさをぜひ味わってください。


小弓鶴酒造/愛知県犬山市

「琥珀酔」は原料に最高級の山田錦を使用し、木曽川の伏流水で仕込んだ純米酒を、
酒蔵で12年以上貯蔵した熟成古酒です。
麹蓋による製麹や山廃造りによって醸し出されたコクのある深い味わいが、
熟成によりまろやかに変化します。
新酒ならではのスッキリとした味わいと、古酒の対比をお楽しみください。


千代菊/岐阜県羽島市

美濃国・竹ヶ鼻村に居を定めた坂倉家は、
元文三年(1738)七代目当主・又吉に至って酒造りを始めました。
伊吹おろしの冷気が満ち、清流・長良川の地下水が豊富に湧き出たこの地。
有機純米酒はアイガモ農法により育てられた、
JAS有機認定米の無農薬米を100%使用して醸したお酒です。
お米本来の旨みが活きたお酒です。


若葉/岐阜県瑞浪市

創業三百余年、歴史と風土に育まれた地酒。
「若葉」蔵元が真心込めて醸しだした旨さが息づく味。
香りの高さ、軽快ななめらかさ、コクの深さそれぞれそろいました。
これら醸造には熟練した杜氏たちの技が光ります。こだわりの一本で乾杯。


七笑酒造/長野県木曽郡

七笑酒造はかつて中山道関所の宿場町として栄えた木曽福島宿に明治25年に創業。
緑深い木曽路の自然が造りだす清らかな水と澄んだ空気。
身を切るほどの極寒の中醸される七笑いの酒は淡麗でふくよかな味わい、
甘辛に左右されない日本酒本来の「旨口」を追求し、
いつまでも愛飲して頂ける酒造りを日々蓮進努力してまいります。


仁井田本家/福島県郡山市

1711年の創業から300年。
「酒は健康に良い飲み物でなければならない」という信条を代々受け継ぎ、
日本で最初の自然酒を醸した金寶酒造は、
自然米100%、天然水100%、純米100%の酒造りをしています。
金寶は日本の田んぼを守る酒蔵でありたいと思っています。


北雪酒造/新潟県佐渡市

食は世界の共通語。良酒を通して文化の架け橋を担う。
北国の峻列な雪を感じさせる『北雪』は、
そのとりまくおおらかな佐渡の自然にはぐくまれ醸し出された美酒です。
ゆっくりと時間をかけ、あわてずあせらず古来からの製法をかたくなに守りつづけています。
※今回遠方のため、夜イチのスタッフにて販売します。


水谷酒造/愛知県愛西市

創業江戸時代末期、伝統的な手造りで、甘口の酒を中心に、
口当たりよくほのかな香りと旨みのある酒造りに取り組んでいます。
代表銘柄の『千瓢』は、尾張の武将豊臣秀吉の馬印千成瓢箪からいただきました。



いやーずらっと並びましたねー!!
これだけの蔵が、堀川に並ぶわけですね。

それぞれの酒蔵さんで、
各2~5種くらいのお酒が用意されています。


そして、もうひとつ。【なやばし日本酒祭】夜イチ特設ブースにおいては、
東北から選りすぐりのお酒をチョイスっ!!

そちらは、当日来てからのお楽しみ!!


ぜひぜひ、みなさん、


3月23日(金)、24日(土)は納屋橋へ!!!

| 三ヶ月夜イチまつり | 07:41 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

酒の酒類

それぞれの酒蔵ごとでだいたい何種類くらいの酒が用意されて
いるんですか?
 
小姑みたいにチクチクとすいません。

| 日本酒好き | 2012/03/15 23:24 | URL |

2~5種類くらいです。
全部で30種類ぐらいになります!
お待ちしてまーす!

| 風 | 2012/03/16 12:55 | URL |

行って来ました。

金曜日は雨だったので躊躇してしまい、土曜日に出かけました。スタッフの皆さんご苦労様でした。東北のお酒は名古屋市内ではどこで買えるのか聞くの忘れてしまいました。飲んでき気に入ったら東北応援になりますものね!市内の酒蔵も親しみ湧きました。また、開催の機会がありましたら、静岡や三重の酒蔵さんにも来て欲しいなって思います。特に静岡の酒はあまり名古屋では見かけないので堀川端で夜風に吹かれて飲めたらいいなと感じました。

| まっちー | 2012/03/26 12:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://natsu1yoichi.blog133.fc2.com/tb.php/210-1ed87b94

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT