タイトル画像

愛知県名古屋市 納屋橋で月一回第4金曜日に開催するナイトマーケット『なやばし夜イチ』の公式ブログです!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東春酒造~酒造り~

やってまいりました!!

守山区の東春酒造。

前回途中でブログアップを断しました。





前回、こちらの先生について以前使用していた蔵など案内してもらいましたが、今回はその後の酒造りを紹介します。

「日本一儲からない酒造りなんだ」と逐一案内しながら僕らに語りかける先生。



手作りにこだわる東龍。

こちらは麹室。

蒸した米をエアーで輸送してここで麹に仕立てるので、室内は35度ぐらいに保たれ、湿度も高いです!
メガネが曇るほど。



こだわりは米を精米するところから始まっており、こちらの機械で自分たちの好みの精米具合に仕上げて酒造りに適した状態で精米します。



ところ変わって酒母室。

お酒の基本、1、麹 2、もと 3、醪(もろみ)
と味が決まるそうですが、東龍さんはこのもとにもこだわり、酒母(しゅぼ)と呼ばれる日本酒の発酵もと造りに一ヶ月弱費やします。

そうすることで、力強い酵母を育てられるそうで、じっくり、ゆっくり作ってます。




先生に連れられて、ぐるぐる歩いてましたが、まぁ愛情が半端ないです!!

この写真は仕込みタンクを上から覗いた感じで、白い泡がブックブクに湧いてました。

本当にタンクからあふれるくらいです!

先生はこの泡の上がり方や状態を見て、その醪(もろみ)の状態を把握し酒造りをするそうです!



酒造りを追うように建物を降りてきたら、金谷さんが登場。

去年もお世話になりましたが、改めて酒蔵で会うと酒造り好きなんだなと可愛いぐらいに思いました!!



みんなやっぱり自分のフィールドが一番輝くんだなと。

夜イチの日本酒祭で酒蔵の方々に参加してもらってますが、夜イチで会うのもほんの一部分なんだなと思いました。



やっぱり酒造りをしてるとこや、そのもろみや酒を嬉しそうに眺めるみなさんが本当の姿なのかなと思います!!!


そんな素敵な日本酒を知るきっかけになればと、なやばし夜イチがその橋渡しになればと思いました!!

いやぁそれにしても、先生の話楽しかったです!!

あんな風に麹や酒に愛を持って可愛がってる姿が酒造りにもとても魅力を感じさせてくれました!!!

ありがとうございました!

| 三ヶ月夜イチまつり | 07:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://natsu1yoichi.blog133.fc2.com/tb.php/300-9d86741e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT