タイトル画像

愛知県名古屋市 納屋橋で月一回第4金曜日に開催するナイトマーケット『なやばし夜イチ』の公式ブログです!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ビール祭り~地ビール巡り~盛田金しゃちビール編

次は「盛田金しゃちビール」です☆

立派な工場です!
こんなに大きな工場の中でビールを作っているのは3名のみ。

kinshachi1.jpg

いつもなやばし夜イチに出店して頂いている方がユニフォームを着ているのが少し不思議な感じですがw、
じっくり作り方を教えてもらいました。

kinshachi2.jpg

まずは麦を粉砕するところから。
緑の袋から麦が落ち、2つの回転するローラーの間を通ると麦が細かく砕かれます。
粉々にしすぎないのがポイント。
荒く大きな殻などがろ過をする際、下に沈んでろ紙の代わりになるそうです。

kinshachi3.jpg

大きな釜ですね!
1回の仕込みで2000Lのビールができるそうです。
・一番手前が糖化釜
煮沸することで麦が糖化し甘くなります。
・一番奥の釜
この窯でろ過をして麦汁を搾ります。
・真ん中の釜
真ん中の釜で再度煮沸。

kinshachi4.jpg

風くんがろ過釜の前で説明を興味深く聞いてます。

この後、熱い麦汁を冷やし酵母菌を入れ、貯酒→発酵→2週間くらい熟成→ビンと10Lなど小さな樽に移して完成です!

釜の後の工程の写真を撮り忘れてしまいました。すいません…

kinshachi5.jpg

このタンクは麦汁を冷やすための冷たい水が入っています。
工場のある犬山は木曽川の地下水が豊富で、ビールの原料として使われたり、製造工程の中すべて木曽川伏流水を使用しているそうです。

おいしい水で作るからすっきりおいしいビールができるんですね~

| お知らせ | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://natsu1yoichi.blog133.fc2.com/tb.php/348-5c48d97e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT